サイドパネル(銘柄リスト一覧)について

登録銘柄リスト / スマート銘柄リスト
Sidepanelsmartmeigaralist

サイドパネルの銘柄リスト一覧は手動で作成する登録銘柄リストと自動で作成される「スマート銘柄リスト」に分かれ、それらは、更に以下の5つのセクションに分類されます。

種別 詳細
登録銘柄リスト ユーザーが自由に銘柄を登録。CSVファイルでエキスポートできる。(但し閲覧履歴は除く)
注目・ランキング 下記の抽出条件に従って自動で作成。一旦右側のパネルに展開された後は、一覧VIEWの右上にある更新ボタンを押すことでリストに含まれる銘柄がアップデートされる。ETF・ETNは対象外。
市場区分 東証1部・マザーズ・REITなど市場区分などをベースにして自動で作成。各リストに含まれる銘柄は一日を通して固定。
業種 東証33業種分類。各リストに含まれる銘柄は一日を通して固定。
その他 新規上場銘柄・権利落ち銘柄・整理銘柄・監理銘柄など。リストに含まれる銘柄は一日を通して固定。

銘柄リストの展開・切替
Sidepaneltenkai

サイドパネル(銘柄リスト一覧)から選択した銘柄リストが右側のパネルに展開されます。Ctrlキーを押しながら銘柄リストを選択することで、複数の銘柄リストを同時に表示することができます。パネル間の区切りのバーをドラッグすることで、銘柄リスト毎の表示ウィンドウの高さを調節したり、パネル右上の×ボタンで銘柄リストを非表示にすることも可能です。

登録銘柄リストの新規作成
Sidepanelnewmeigaralist

登録銘柄リストの新規作成は以下の二つの方法で行うことができます。

  1. サイドパネル(銘柄リスト一覧)のトップにある「銘柄リスト追加など」メニューボタンから新規作成またはCSVインポートを選択。
  2. スマートコピペ。

CSVインポートは、銘柄コードのカラムを含んでいれば、カラムの順序などに依らず、すべてのCSVファイルを読み込むことが可能です。

CSVエクスポート
Sidepanelcsvexport

「銘柄リスト追加など」メニューボタンをクリックすることで現れるメニューから「CSVエクスポート」を選択することで、登録銘柄リストのCSVファイルがお手元のPCのダウンロードフォルダに作成されます。また、作成したCSVファイルを「銘柄リスト追加など」メニューの「CSVエクスポート」を利用してインポートすることで、他のPCやブラウザ上のBRiSKで同一の銘柄リストを共有することができます。

注目・ランキング銘柄リストの抽出条件
Sidepanelchumokuranking

注目・ランキング銘柄リストの抽出条件は以下の通りとなります。
リスト作成に当たっては便宜的に時価総額1000億円以上の銘柄を大型、100億円以上1000億円未満を中型、100億円未満を小型と分類しています。これらの表示がない銘柄リストはETF・ETN・外国株以外の東証全上場銘柄をユニバースとします。
またソートで特に断りのない場合は降順でのソートとなります。
当日始値がつく前から予想値をベースに計算されるため、ほとんどのリストは前場寄付を待たずに抽出・作成が開始されます。

名称 銘柄数上限 ソート フィルター
ピックアップ(大型) 30 売買代金前日比 時価総額1000億円以上。騰落率絶対値1%以上。前日売買代金3億円以上。
ピックアップ(中型) 30 売買代金前日比 時価総額100億円以上1000億円未満。騰落率絶対値2%以上。前日売買代金1000万円以上。
ピックアップ(小型) 30 売買代金前日比 時価総額100億円未満。騰落率絶対値2%以上。前日売買代金1000万円以上。
上昇率上位(大型・中型・小型) 30 騰落率または当日始値が付く前は寄騰落率
下落率上位(大型・中型・小型) 30 騰落率または当日始値が付く前は寄騰落率(昇順)
場中急騰銘柄(大型・中型・小型) 30 VWAP比 |現値 - VWAP| > 基準値段での下方向の1tickの値幅。(超低位株を除くため。)
場中急落銘柄(大型・中型・小型) 30 VWAP比(昇順) |現値 - VWAP| > 基準値段での下方向の1tickの値幅。(超低位株を除くため。)
寄付上昇率上位(大型・中型・小型) 30 寄騰落率
寄付下落率上位(大型・中型・小型) 30 寄騰落率(昇順)
売買代金上位(大型・中型・小型) 30 売買代金
ストップ高 なし 最良買気配値がストップ高と同じ。
ストップ安 なし 最良売気配値がストップ安と同じ。
Tick回数上位 30 歩み値の個数 歩み値の個数>0。
買特別気配 なし 買特別気配が付いているもの。
売特別気配 なし 売特別気配が付いているもの。
メニューに戻る ↑